英会話にまつわる様々なトピックを集めているサイトです。

当サイトでは語学留学を中心に、英会話に関するちょっとしたストーリーや、オンライン英会話やり方やコツ、留学体験で感じたこと、英会話力を高めるためのノウハウ、TOEICで高得点を取るための方法などを、まとめている情報ブログです。

 

ライターさんは英会話講師、外資系のビジネスマン、留学経験した学生、主婦さんなど様々。
特に最近はフィリピン留学を推しています!

 

ビックリするほど安い物価、本格的なマンツーマン中心の授業。フィリピン留学には魅力がいっぱい。

語学はますます私たちが生きる社会の中で重要なものになってきていますね。それは別に仕事で外国に行くことだけではなく、たとえばメールでもインターネットでも、外国語が必要になるシチュエーションってあると思うのです。外国語、特に英語ですよね。これが不可欠になってきてる。

 

こうした使える英語をマスターするには、やっぱり留学というものが手っ取り早い。これは誰もが口を揃えて言っていることです。だが、ここで問題も起こってくるのですね。何をしようとするにも、先立つものが必要になる。お金ですね。これがないと話になりませんから。あたりまえのことですが、留学といえばお金がかかるもの。だから誰もが気軽にチャレンジできるものではなかったのですね。

 

たとえば、本場の英語をとことん勉強しようとして、イギリスやアメリカ、オーストラリア、ニュージーランドなどに留学するとします。それにはけっこうなお金がかかるでしょう。とても学生さんが払えるような金額ではありません。親に泣きつくしかない。こう書くとだいたいの人がたじろいでしまうにちがいない。多くの人がこの時点で留学を諦めてしまっているのではないでしょうか。

 

そんな状況の中にあって、今、フィリピン留学という方法がけっこうな人気なのですね。多くの人が思ったとは思いますが、フィリピン留学の特長は、一番にお金が安いことがあげられます。たとえば欧米などに1ヶ月ほど留学しようとすれば、黙っていても60万円以上かかります。やっぱり高いですよね。でも、フィリピン留学ならその約半分の費用で行けるのです。中には13万円から15万円だと言う人もいます。まあ、これはやり方次第と言えます。この利点には、けっこうな魅力があるのだということもわかりますね。

 

他にもフィリピン留学の利点というものはあります。たとえば、物価が安くてすむとか。物価が安いから、語学スクールなどでは安くマンツーマンのレッスンが気軽に受けられるのですね。これはチャンスと言える。この点、欧米留学の場合ですと、大概がグループレッスンとなっているようです。やっぱり本当に英語をマスターしたいのならば、グループレッスンよりもマンツーマンレッスンですよね。また、日本から近いことも利点の一つでしょう。成田空港から約5時間。時差も少ないから安心です。

 

ただ、フィリピン留学はメリットも多いですが、その逆にデメリットもあります。いくつかあるのですが、いちばん大事なところは、治安の悪い地域もあるということ。これは絶対に気をつけたいことですよね。

 

<以下からは留学体験談>

海外留学、学びたければ恥を捨てる覚悟が必要

オーストラリアに三年ほど留学していました。

 

当初は一年ほどで帰国する予定でしたが、語学がまったくものにならなかったため、延長し続けて三年もの月日を要する羽目になりました。
留学しようときめたのは20歳の時。大学生活に嫌気をさし、周囲の反対を押し切って単身海外留学へ。

 

両親の援助は一切なく、アルバイトで必死に貯めたお金をつめこみ、オーストラリアへ行きました。
一応は準備を整えて調べつくしては来たものの、英語もしゃべれなければ、右も左もわからないただの日本人でした。

 

とりあえず、語学をみにつけるためにしたこと。最初は語学学校へ入学です。まず、何をしていいのかさっぱりわからなかったので、とりあえず情報収集がてら日本人のコミュニティーへと足を向けました。

 

そこでは山のような情報が飛び込み、不安だった私の心を安心へと導いてくれました。そこで簡単に学校入学の手続きもしてもらったし、ホームステー先も紹介してもらえました。

 

この楽で安心できることを最初に覚えてしまったのが失敗の始まりでした。
分からないことがあれば自分で調べる。間違った知識をもってでも、むりしてその国に溶け込む。そういうことが、私にはできませんでした。

 

おかしなプライドがあったのでしょうね。

 

きょろきょろしたくない。英語をわかったふりをしていたい。焦ってない。住み慣れた外国人ぶりたい私は、なにかことあるごとに日本人コミュニティーのある場所を頼ってしまいました。

 

すべての情報も、それらのコミュニティーで得ていたので、知識だけは豊富にありました。
結果。日本人ばかりのところで頼ってしまったので、英語がまったく上達しませんでした。

 

これでは日本にいるのとかわりありません。日本にいながら語学スクールに通っている方が、料金的にもずいぶんとましだったことでしょう。
それに気が付くのに、私は一年ほどの月日を費やしてしまいました。

 

そこから二年。私は日本人コミュニティーには一切足を踏み入れず、現地でありのままに生活し、語学を習得することができました。

 

大学時代の最初で最後の英語語学留学

アメリカ留学 2ヶ月間

 

大学生の時に友人がニューヨークに留学しているのが羨ましくて自分もロサンゼルスの語学留学に行く事にしました。

 

今考えると留学前はただ行きたいの気持ちだけで準備していたので特に何も考えていませんでしたが、ロサンゼルスに英語の勉強に行って英語をある程度話せるようになる事が目的だったけれどホームステイだと家族だけの会話になってしまう、いろんな人と話したいと思い寮を選びました。

 

これがそもそもの失敗だったのかもしれませんが、同部屋になぅた人は日本人、隣の2人も日本人というルーム4人が日本人という環境でした。
授業の方はそれなりに外人と混在していたのですが、何せ最初のテストで初級者クラスになってしまったので授業のクラスにも日本人が多かったです。
又、部屋では日本人同士日本語を話し夜は酒を飲む始末。庭やプールでも日本人は日本人どうし固まりかなりの率日本語を話していました。
私は、そういう風潮が嫌になったので積極的に外人に話しかけに行き日本人とはつるまないようにしなるべく英語を話すようにしましたが、かなり多くの日本人が日本語ばかり話して帰って行ったのを見ています。

 

留学中のちょっとした失敗談としては、授業が終わった後ロサンゼルス市内などに出かけず授業の復習などを部屋でしっかりやれば良かったと思っています。
街内で話す言葉は所詮適当でも何とでもなるので、復習をしっかりした事を次の日の授業と外人に積極的に話す時に使う事で身につければ良かったと思っています。

 

留学前にしっかり英語を話せる環境か、自分を追い込める状況かをしっかり申し込み時に確認しておく必要があったと後悔しています。

 

この教訓として次に留学する時、フィリピン格安留学を実現する際などは、私が話しかけに行ったヨーロッパ人などではなくなるべくネイティブに近い英語を話す方と、自分を追い込める環境かを確認してから授業だけでなく住環境も徹底して留学したいと思います。

 

 

その他のオススメ記事

英語留学するならまずは1ヶ月~3ヶ月フィリピン留学してみてはいかが?

フィリピン留学なら俺のセブ島留学

更新履歴