働き盛りの20代~30代。
残業に遊びに婚活に、何かと疲れが多い世代。
友達がある日突然会社を辞めると言いだした。

 

「これから転職して、自分より若い子に仕事を習って、ゼロからのスタートなんて耐えられないでしょ。」
と言う私をよそに「英語を使う仕事に就く」と言い、英会話スクールに通いだした。

 

しばらくして本当に会社を辞めてしまった。
そしてフィリピン留学をすることに決めたと言われた。

 

10代にアメリカ留学していた私にとっては、フィリピン英語にはそれ独特のアクセントがあり、吸収するには至らない英語だという固定概念があり、あまり良く思わなかった。
しかし、話を聞いてみるととにかくいいことづくしだったのだ。

 

1、留学施設がしっかりとしており、治安が良いこと
2、女性のための施設になっていること
3、費用が安価なこと
4、日本人が英語を習得しやすいよう以外にみっちりと教育してくれること

 

 

そして、一番はフィリピンといえども、セブ島というなんとも素敵なリゾート地で留学ができるということだった。

 

セブ島はフィリピン中部のビサヤ諸島にある島で、南北に225kmにわたって伸びる細長い島。

 

ダイビングをする人にとっては有名で、その昔、スペインに植民地支配されていたことからその名残が今も残っていて、観光地としても有名な場所だ。
日本との時差も1時間しかなく、嫁入り前の娘が、このロケーションと留学施設の詳細、時差を両親に伝えるととにかく説得しやすかったようだ。
あっさりと留学が決まってしまった。

 

あちらに行ってしまってからの友達の生活はとにかく「リア充」そのものに見えた。

 

寮生活にも慣れ、食事にも慣れ、同じ境遇からやってきた友達ができ、しょっちゅうプールに足を運び…でも日本にいる私たちともSNSで連絡が途切れることなく、程よく
異国での生活を楽しみつつ、忙しかった日本でのOL生活をすっかり忘れ、きれいに日焼けをし3か月後に帰国した。

 

話を聞くと、留学というて「てい」で長期旅行に行ってきたような感覚だったようだ。
日本人が勉強しやすいように授業を進めてくれるので、ここは高校の英語の授業を現地の先生が全てこなしているような感じだった様子。
話すこと、書くこともバランスよく教えらえれるとのこと。

 

ただ、英語を使う仕事に就こうと思った今、それほどスキルが上がっていないので仕事に就けないと苦戦している。
しかも英語を使わないのでどんどん忘れていっているとのことで、結局また英会話教室に通いだす生活を始めた。

 

大人になってからの留学は、日ごろから英語を使う仕事をしている人や、日常で英語を求められる人など、明確な目的と意識をもってしなければただだらだらと時間が過ぎてゆく。

 

友達のように「今から英語を使う仕事に就きたい」という、「英語を使ってどんな仕事をしたいのか」ということがはっきりしていないような人なら、初心に立ち返り、文法や語彙力を身に着け、自身の英語力を試すためにTOEICなどを受け続けた方が近道のように思える。また、時々英語を使ってみるために旅行をしてみるとか…。

 

これはTOEIC750の私が思うこと。

 

フィリピン留学は生活に疲れた女子が手っ取り早く現実から逃げられる体裁の良い方法としか思えない。

その他のオススメ記事

英語留学するならまずは1ヶ月~3ヶ月フィリピン留学してみてはいかが?

フィリピン留学なら俺のセブ島留学

関連ページ

フィリピン留学をするメリットや良さについて
英語留学した方の成功と失敗談をブログでご紹介!今話題のフィリピン留学から元祖アメリカ留学まで
フィリピン留学での英語習得にとって最も重要なことは留学後の明確なプラン
英語留学した方の成功と失敗談をブログでご紹介!今話題のフィリピン留学から元祖アメリカ留学まで
フィリピンで英語留学? そのメリットは何だろう。アメリカ留学者が切る。
英語留学した方の成功と失敗談をブログでご紹介!今話題のフィリピン留学から元祖アメリカ留学まで
英語をしっかりかつ安く学ぶならフィリピン留学が断然おすすめ!
英語留学した方の成功と失敗談をブログでご紹介!今話題のフィリピン留学から元祖アメリカ留学まで
フィリピンは日本に近くてしかも英会話留学に向いている
英語留学した方の成功と失敗談をブログでご紹介!今話題のフィリピン留学から元祖アメリカ留学まで