英会話にまつわるショートストーリー

ここでは英会話にまつわるショートストーリーをご紹介します。

 

1記事30秒前後で読める記事ばかりです。
スキマ時間に是非どうぞ。

 

イギリスの友達との英会話。日本語マスターするために

その友達はイギリスでIKEAに勤めているのだそうです。

私に、日本語がうまくなれば、日本のIKEAで仕事をすることができるから、その為に日本語をマスターしたいと言っていました。毎日日本語を勉強するのが日課だそうで、とてもきちんとした日本語が話せる人でした。

 

倉庫で働いているそうで、私への質問に、倉庫と蔵の違いを聞いてきました。
突然の質問に驚きながらも、倉庫はいろいろなものを入れておく所で、蔵は酒蔵とかワインを作るところとかそういう意味なんじゃないかという事を話しました。

 

普段何気なく使っている日本語ですが、改めて質問されると、それってなんだっけ??と思うこともありますね。

 

ことわざなんかの話もしました。
明日は明日の風が吹くとか、郷に入っては郷に従えとか、日本人の謙虚なところはいいけれど、もうちょっと自慢してもいいんじゃないかといわれたりしながら、私たちは、自慢しないで謙虚でいるところがいいと思っている傾向にあるという日本人の性格というか日本人らしいところを説明しました。

 

なかなか面白い話題で、彼との会話はいつも楽しいです。

その他のオススメ記事

英語留学するならまずは1ヶ月~3ヶ月フィリピン留学してみてはいかが?

フィリピン留学なら俺のセブ島留学

外国人と英会話して感じた日常のちょこっとストーリー記事一覧

 

スウェーデン人の夫婦が日本にいらしてどこかに連れて行ってほしいと言われたので、日本の伝統工芸のデモンストレーションをしている工芸館に行きました。結局お金のかかる体験教室にはいかなかったのですが、竹細工の工芸品を作っている現場を見させていただいたり、ステンドグラスや、陶芸の作品を鑑賞したり、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。彼らは、私に昼食をおごってくださったので、帰りのバス代は私が払わせ...

 
 

私は英語がとても苦手です。理由は幼少の頃からきちんと英語の勉強をしていなかったからです。その結果、中学校時代とても苦労しました。人生で初めて味わいました。特に、アルファベット26文字 大文字、小文字を覚える事に苦労しました。英語の基本中の基本が出来なかったです。それで、英語のテストは最悪の結果でした。今思い出すと笑ってしまいます。実は兄にこう言われました。「中学に入学したら数学と英語だけ勉強しろよ...

 
 

オーストラリアのパースに友達の結婚式に行った時の事。せっかくだからと、会員になったばかりの国際交流の好きな人のサークルのメンバー3人にパースについてから手紙を書き、友達の滞在先を書いてここにいるからお暇があったら連絡くださいと書いて投函。そのうち2人から連絡をもらって、何がしたいかと聞かれたのでラクダに乗りたいといって、ラクダのりのツアーに連れて行ってもらいました。時間にして30分くらいだったでし...

 
 

彼女はアメリカ人で、日本に来てから九州や北海道、京都、名古屋、大阪などありとあらゆるところを旅して静岡にも来たのですが、とにかくよくしゃべるし、写真もよく撮るひとでした。宿を出る間際になって、カメラがない??みんなが大騒ぎで、食事をした場所、部屋の中、お風呂場、行ったと思われるありとあらゆるところを探しましたが、どうしても見つかりません。彼女に思い当たるところを言ってもらい、その場所を探しまわりま...

 
 

日本に住んでいるのに、日本のしきたりに従わないアメリカ人の英語の先生は、一緒にテニス合宿に行っても問題を起こします。例えば、タクシーに乗って、目的地まで行くのに、運転手さんが、また機会があったらという事で名刺を配ってくださったのです。普通なら、ありがとうございますと言って、必要ないと思ってもその場では黙ってもらっておきますよね。それが、彼女は、必要ないからといって、運転手につき返すのです。失礼極ま...

 
 

日本の文化を紹介できるくらいの英語力をつけたいという思いで、英会話教室に通いました。いつも新聞の記事を予習してきてそれについて一時間先生と話すというものでした。アメリカ人の先生ですが、ダーシーという名前の彼女はテニスの話題になると熱心になります。サンプラスやダベンポートと同じテニスクラブに通っていたそうです。ダベンポートは当時から気が強くて、友達が少なかったそうです。そうですね。確かに強くなるよう...

 
 

インドの友達は、コンピュータープログラマーの仕事をしています。彼は、週末になると、滝や自然の多いところでリフレッシュするのが楽しみと言っています。私もそうですが、自然にあふれたマイナスイオンのたくさんあるところに行くと、人間は元気になるのですよね。彼はとてもまじめでいつも人のことを考えながら話をしているので、嫌な思いをすることがありません。私もこうでなければいけないなあと彼の態度を見ていて自分の応...

 
 

バーバラさんのお宅にホームステイさせていただきました。バーバラさんのお宅には、お母さんと、猫ちゃんが2ひきいました。私はあまり猫ちゃんは好きではないのですが、バーバラさんのお宅の猫ちゃんは品があって、とても礼儀正しかったのでかわいかったのを覚えています。朝になると、おはよう!朝だよっと言っているように、ドアを開けて、ちらっと顔を見せてから、さーっと言ってしまうのです。とても品のある猫ちゃんに、ホッ...

 
 

ベルギーに行った時のことです。お昼をホームステイ先のお母さんと、私と妹が食事をしていて、食べきれないので、ピザをお持ち帰りの箱に入れてもらって、歩いていたら、ジプシーの子供にひったくられそうになりました。妹はひったくられないように必死に持っていました。そんな貧しい子供たちがたくさんベルギーにはいました。ポストカードなんかをお土産物屋さんでみていると、紙コップを差し出して、お金を頂戴!って言ってくる...

 
 

オーストラリア人と一緒に話していて感じたことは、オーストラリア人は、自分の家族などを自慢したがるという事がよくわかりました。そうなのよ!うちの○○はここがこれだけすごくってね。という話をオーストラリアの人は平気でします。でもこういう国民なんだなあと思えば、何ともないことなんですけれどね。私たちは謙虚で、そういう事を言いたがらない国民なので、えーっと言いたくなりますが、、、、ここは、郷に入っては郷に...

 
 

私が書店でアルバイトをしていたときの話です。当時私は英語とはほぼ無縁の専門学校生でした。ある日、いつものように静かな店内で入荷データの入力を行っていると、パートさんが騒ぎ始めた声が聞こえました。「また誰かが本の注文したのかなぁ」と軽く考えていると、少し離れたところから、英語が聞こえてきました。ここで「ん?」と思った私は、声のする方を振り返りました。そこには途方にくれたパートさんと、パートさんに詰め...

 
 

私のビジネスビジョンは海外勤務でした。それなので、就職先を選ぶ際に外資系企業を積極的に選んで就活していました。何社か決まった中で、海外一番の医療機器シェア率を誇っている会社があったので、そちらに就職しました。しかし、そこは海外勤務がない会社でした。。。かなり、がっかりしましたが新卒で就活も大変な時期でしたので、スキルをあげて海外で働けるように備えることにしました。かと言って英語は全く出来ません。海...

 
 

日本語ができれば日本で働けるので、日本語を勉強している友達が多いです。彼らとは、日本語を教えながら、英語での会話も楽しんでいます。富士山の話になって、日本語の先生からは、富士山の近くの地名は富士吉田とか富士市とか、富士に関係する名前になっているところが多いという事を聞いたという事もその友達は話していました。彼は、自分が勉強するのに話すこともいろいろ気を使っていて、どういうことを話さないように気をつ...

 
 

小学校で英語の先生をしている友達は、近々企業して子供たちに英語を教える教室を開きたいのだそうです。彼とは、ほとんど毎日英語で話しています。私もできれば手伝いたいと思っているのですが、彼の小学校1年生の息子さんは自閉症を抱えているので、何とか治してあげたいなあと思っています。彼の奥さんは、彼の4倍くらいの稼ぎがあるので、生活を支えているという面ではよくやっているとは思いますが、息子さんの問題に対して...

 
 

イギリス人の友達は、日本の東京の日野市のイギリス風のお庭のある素敵なカフェでアルバイトをしていました。彼女は1ヶ月ぐらいの予定で、日本に遊びに来ていたのです。ただの観光旅行でないところがすごいところで、イギリスでは家具作りの職人だった彼女は、イギリスにいる時から日本で働くところを探していて、それが見つかったので、こちらに来ることになったのです。スカイプで会話していたのですが、もっともホームシックに...

 
 

英会話と言っても、一種類ではありません。日本人が話せば、日本訛りの発音で、やたらと相槌を打ちたがる「日本語仕様」の英語となります。これと同様に、世界各国の人と英語で話す時、「非ネイティブ」同士による英会話は、通常の英米語会話とはかなり違ったものになります。例えば、カナダで仕事をした中国系エンジニア氏は、流暢ながらも発音のトーンがまるっきり中国語でした。例えば technical テクニカル という...

 
 

出張で中国の上海に行ったことがあるのですが、英会話についての認識が、かつての日本とそっくりでした。やはり上海は国際都市ですから、誰もが、「英会話くらい、できないとダメだよなぁ」と思ってはいる感じでした。皆、自分なりに努力はするものの、英語で急に話しかけられると、思わず「ノー!」などと叫んでしまう・・・まさしくそんな感じでした。例えば、ホテルの朝食バイキングで、恐らくアルバイトのお姉さんが「お飲み物...